DeNA 三浦、週明け初登板へ 勝てば単独トップ24年連続勝利

[ 2016年7月6日 17:15 ]

 42歳で現役最年長のDeNAの三浦大輔投手が11日から横浜スタジアムで行われる中日3連戦で先発して今季初登板することが6日、決まった。ラミレス監督が本人に伝えたことを明らかにし「番長(三浦)が戻って来る。中日戦のどこかに入れたい」と話した。

 今季は若手の台頭などにより登板機会がなかった。勝てば元中日の山本昌や西武、巨人などで活躍した工藤公康(現ソフトバンク監督)を抜き、歴代単独トップの24年連続勝利となる。投手コーチを兼任しながら2軍戦で調整してきた三浦は「言われたときは気持ちも高ぶった。でも、勝ってから喜ばないと。チームが勝てるように投げるだけ」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月6日のニュース