西武・雄星 2年前から猛アプローチ「ネガティブな僕を笑顔で迎えてくれる」

[ 2016年7月6日 13:45 ]

フリーアナウンサーの深津瑠美の写真を手に結婚を報告する西武・菊池

 前日に結婚していたことが明らかになった西武の菊池雄星投手(25)が6日、埼玉県所沢市内の球団事務所で報道陣に対応。お相手であるフリーアナウンサーの深津瑠美(30)について「凄く前向きで誰にでも優しい。ネガティブな僕を明るい笑顔で迎えてくれる」とのろけた。

 NHK・BS1で放送中の「ワールドスポーツMLB」でキャスターを務めている深津のファンで、2年前から共通の知人を通じて“会いたい”とアプローチをしていた菊池。しかし、深津はスポーツ番組を担当していることを理由に「一線を引きたい」と断っていたという。

 それでも昨年11月に知人の紹介によりグループでの食事会が実現し、クリスマス前後に菊池のアプローチで交際に発展。今年3月の開幕直前にプロポーズし、深津の30歳の誕生日だった6月24日に婚姻届を提出した。すでに都内で新婚生活をスタートさせている。

 猛アタックが実ってこの日を迎え、菊池は「どこが(深津に)気に入ってもらえたと思うか?」という報道陣の質問に「顔ではないと思います。素直なところとは言ってくれていますが…」。子供の頃からメジャー挑戦の夢を持っている左腕は深津から英語を習っていることも明かした。

 7日発売の「週刊文春」の報道で結婚していたことが明らかとなったが、「発表は12月にしようと思っていた」。「公になってホッとしている気持ちもあるが、報告できていない方もたくさんいたので申し訳ない」と話し、「その分、復帰してからはいいパフォーマンスが出せるように頑張ります」と意気込んだ。
 
 プロ7年目の今季は初の開幕投手を務め、チームトップの6勝をマークしていたが、6月23日に右脇腹痛で出場選手登録を抹消。現在は深津のサポートを受けながら2軍で調整中だが、前日にブルペン投球を再開し、コンディションに問題がなければ近日中に実戦復帰する予定。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月6日のニュース