4番T―岡田 先制打 腰痛抱えながらも守備でも奮起

[ 2016年7月6日 05:30 ]

<オ・ソ>初回2死二塁、T―岡田が先制の適時二塁打を放つ

パ・リーグ オリックス3―0ソフトバンク

(7月5日 京セラD)
 オリックス・T―岡田が4番の働きで、西とともにお立ち台に上がった。初回、武田から先制の適時二塁打。

 「抜けてくれるかなと思った。初回に先制できたのは大きかった」。6回にも右中間へ二塁打を放つなど、打撃好調。園部が1軍昇格して以降はDHを解除され、腰痛を抱えながらも守備に就いているが、「今のところ問題ない。(若い選手が多く)年上なので、プレーで引っ張りたい」と健気に話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月6日のニュース