“神ってる”誠也 大野攻略V打&3安打 6~8番で全4打点

[ 2016年7月6日 05:30 ]

<中・広>7回無死一、二塁、下水流の2点二塁打で生還し、ナインとタッチする鈴木

セ・リーグ 広島4―1中日

(7月5日 富山)
 さすがは“神ってる”男だ!広島・鈴木が1―1の7回無死一、二塁から決勝の左前打を放った。

 「前の方たちがつないでくれたので、ゲッツーでもいいという気持ちでいった。今は消極的にならず、がっつきすぎず打撃ができている」。2回は右前打、9回も右前打で猛打賞は今季4度目を数えた。勝ち越し後は下水流が左中間二塁打で続いて貴重な2点を追加。5回の石原の同点打を含めて6~8番の3人で挙げた計4点で野村を援護した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月6日のニュース