2点じゃ勝てん…金本監督 苦悩「今の内海から点取れないようじゃ…」

[ 2016年7月6日 05:30 ]

<巨・神>ベンチで厳しい表情の金本監督

セ・リーグ 阪神2―3巨人

(7月5日 東京D)
 不振を打開できないまま、時間だけが過ぎていく。決して本調子とは言えない相手先発・内海の前に、この日も阪神打線は凡打の山を築かされた。相手を上回る6安打したとはいえ、2得点。敗戦後の金本監督は“お手上げ”と言わんばかりに厳しい言葉を投げかけた。

 「まあ、今の内海の状態で…。あれで点が取れないようじゃ、もう、どうしたらいいのか分からん」

 各打者から、工夫が感じ取れない。緩い球種に狙いを絞って攻略を目指したはずが、ボール球に手を出してしまう。そして130キロ台の直球には詰まらされる。内海の術中にはまり、淡々とアウトカウントだけが増えていった。技術面だけではない。指揮官は打線の姿勢にも苦言を呈した。

 「先発投手が好投しているところで、バッターは何か思わないと。感じないと。投げている姿を見てね」。覇気を感じ取れなかった。内海の前に6回まで2安打。5回まで2安打無失点と好投を続けるメッセンジャーの姿に、応えようとする男気すら見えなかった。

 援護するどころか、守備でも助っ人右腕の足を引っ張った。6回1死一塁、橋本到が一塁側に転がしたドラッグバントの打球をゴメスが失策。一、二塁とピンチを拡大し3失点のきっかけを作った。「ファーストのバントのエラーでね。あれでリズムが狂ってしまった。それまでは完ぺきだったけど」。打てない上に、守れない…。指揮官の悩みの種も尽きない。

 打線は遅まきながら、7回に2安打と四球で2死満塁とし内海を降板させ、代打原口が押し出し四球を選んで1点を返したが、代打西岡は一ゴロ。9回も「表の攻撃だから。一気に引っ繰り返そうという(考え)」と無死一塁から強攻に出て2死一、二塁と攻めたが、最後は代打伊藤隼が一ゴロに終わった。これで28試合連続で5得点以下。窮状を打破する材料が見当たらない。(惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月6日のニュース