帽子拾い直しているスキに…ヤク山田 2点スクイズ許す

[ 2016年7月6日 05:30 ]

<D・ヤ>8回1死二、三塁、スクイズの打者・関根(左)をアウトにするものの、ベースカバーに入った山田は帽子を落とし、拾っている間に二塁走者の生還も許す

セ・リーグ ヤクルト0―4DeNA

(7月5日 横浜)
 ヤクルトは打線が今季最少の3安打に抑え込まれ、今季5度目の零敗。7回に左翼線二塁打を放った山田も「制球も良かったし直球も良かった」と振り返った。

 守備でもミスが出た。0―2の8回1死二、三塁で関根がスクイズを敢行。一塁のベースカバーに入った二塁・山田が送球を受けた際に帽子を落とし、拾い直している間に二塁走者・石川に4点目の本塁生還を許した。三木ヘッド兼内野守備走塁コーチは「山田クラスはきっちりプレーしないとね」と指摘した。

 ▼ヤクルト・山中(6回1/32失点で今季7敗目)今日のような投球を続けることが大事。自分を見失わないようにしたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月6日のニュース