西武 栗山 15年目で初出場「工藤監督に感謝」

[ 2016年7月4日 18:04 ]

 西武の栗山はプロ15年目での初出場の吉報に頬を緩めた。ベストナインに3度選出され、最多安打を記録したこともある実力者だが「魅力ある外野手はいっぱいいるので、その中で出るのは難しい」とオールスター戦には縁がなかった。それだけに監督推薦で選ばれ「うれしかった。工藤監督に感謝してもしきれない思いが強かった」と言葉を弾ませた。

 長らく西武の主力を務めてきた左の好打者は6月19日にプロ通算1500安打を達成。今季も打率3割を超える活躍を見せている。「素晴らしい選手が集まって最高のパフォーマンスをする夢の舞台というイメージ」と思いをふくらませる球宴に向け「一つでも勉強できるよう、思い切ってバットを振りたい」と意気込みを口にした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年7月4日のニュース