【東東京】順天1年生エース切原 8回零封 三塁踏ませず

[ 2016年7月4日 05:30 ]

<都橘・順天>力投する順天・切原

第98回全国高校野球選手権・東東京大会1回戦 順天4―1都橘

(7月3日 神宮)
 先発した順天の1年生エース右腕・切原が8回4安打無失点、7奪三振と力投した。

 序盤こそ硬さが見られたが、中盤以降は低めへの制球がさえ、三塁を踏ませない好投。「5回くらいから下半身が使えるようになって調子が上がってきた」。12日の2回戦・都日比谷戦に勝てば、15日の3回戦ではシードの東亜学園と対戦。「逃げている投球じゃ勝てない。攻めていきたい」と下克上を誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年7月4日のニュース