稲村亜美 ド緊張始球式 大谷相手で「とにかく当てないように」

[ 2016年7月4日 07:30 ]

<ソ・日>始球式で大谷相手に投げる稲村亜美

パ・リーグ 日本ハム2―0ソフトバンク

(7月3日 ヤフオクD)
 CMの「神スイング」で人気のタレント・稲村亜美(20)が始球式を務めた。

 「1番・投手」の大谷に投げることになり「本当にびっくりしました。大谷選手は構えも格好いい」。97キロの直球は外角高めに外れ、「とにかく(体に)当てないようにと思って投げました。投げた記憶がないくらい緊張しました」。取材を受けている際、大谷の先頭打者本塁打が飛び出し「さすがです。私のも含めたら2球目ですね」と笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年7月4日のニュース