タオル叩きつけた ロッテ・スタン 突如乱れ交代に“大荒れ”

[ 2016年7月4日 05:30 ]

<ロ・オ>6回、失点し、汗を拭いながらベンチに戻るロッテ・スタンリッジ

パ・リーグ ロッテ3―4オリックス

(7月3日 QVCマリン)
 ロッテは逆転負けで、4月9日以来85日ぶりの3位転落。3点リードの6回、先発のスタンリッジが突然乱れた。

 先頭の安達に四球を出すなど3安打2四死球で2失点。この回で交代を命じられ、珍しくベンチにタオルを叩きつけるなど感情をあらわにした。「気持ちが高ぶってしまった。監督の決断は今後も尊重する」。約3カ月守った2位から陥落した伊東監督は「スタンリッジはあの四球から。負けるときはこんなもんです。また気を引き締めて」と仕切り直しを誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年7月4日のニュース