楽天新人また災難…ドラ2・吉持が右尺骨骨折 2軍戦で死球受ける

[ 2016年6月29日 17:49 ]

 楽天は29日、ドラフト2位・吉持亮汰内野手(22)が、右尺骨を骨折したと発表した。

 吉持は28日のイースタン・リーグ巨人戦(コボスタ宮城)の6回に右手に死球を受け、負傷交代。仙台市内の病院で検査を受け「右尺骨茎状突起骨折」と診断された。

 50メートル5秒6の俊足を武器に今季は1軍で21試合に出場。今月26日のソフトバンク戦では同じ遊撃手で新人の茂木が右手甲を負傷し、戦線離脱している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年6月29日のニュース