阪神・福留 日米通算2000安打達成、二塁内野安打で決めた

[ 2016年6月25日 16:08 ]

<広・神>6回2死二塁、福留は二塁内野安打で日米通算2000本安打を達成し新井貴浩(右)から花束を受け取る

セ・リーグ 阪神―広島

(6月25日 マツダ)
 阪神の福留孝介外野手(39)は25日の広島戦(マツダ)で2安打を放ち、日米通算2000安打を達成した。日本球界では1502安打目で、メジャーでの498安打と合わせての大台到達となった。日米通算2000安打を達成した日本人選手はイチロー、松井秀喜、松井稼頭央、中村紀洋、井口資仁に次いで6人目になる。

 福留はこの日「4番・右翼手」で先発。2回の第1打席は左邪飛に倒れるも、0―3で迎えた4回の第2打席で、2死から右線二塁打を放った。6回の第3打席では、2死二塁の場面で打席が回り、広島の先発・岡田から二塁内野安打を放ち日米通算2000安打を達成した。

 達成の瞬間は、この日満員のマツダスタジアムのファンたちから拍手を受け、4月26日に史上47人目の2000本安打を達成した広島の新井から花束、鳥谷から記念ボードを受け取り、祝福を受けた。

 ◆福留 孝介(ふくどめ・こうすけ)1977年4月26日、鹿児島県生まれの39歳。PL学園、日本生命を経て98年逆指名で中日に入団。02年、06年に首位打者、06年はMVPも獲得。最高出塁率を3度、ベストナインを4度、ゴールデングラブを5度受賞。08年からメジャーのカブス、11年シーズン途中からインディアンス、12年はホワイトソックスでプレー。13年に阪神へ移籍し日本球界に復帰した。中日で1175本、メジャーでは498本、阪神ではこれが227本目のヒットとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年6月25日のニュース