メッセンジャー 好投にも「いらいらしている」

[ 2016年6月18日 18:45 ]

3回表、自らの送球ミスで失点したメッセンジャー

セパ交流戦 阪神0―1ソフトバンク

(6月18日 甲子園)
 阪神のメッセンジャーの好投は実らなかった。ソフトバンクの強力打線を相手に8回を4安打1点に抑えたが、援護はなし。「結果、負けたので、いらいらしている」と吐露した。

 三回の失点は1死二塁から投手の千賀に中前打を許して一、三塁とされ、今宮にセーフティースクイズを決められたもの。メッセンジャー自身が捕球してグラブトスで本塁へ送球したが、三塁側へそれた。孤軍奮闘しただけに「あの1点で負けたのが残念」と嘆いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月18日のニュース