広島 鈴木誠也 2試合連続サヨナラ本塁打!球団32年ぶりの快挙

[ 2016年6月18日 16:50 ]

9回、1死一、三塁、逆転サヨナラ3点本塁打を放つ広島・鈴木

セパ交流戦 広島4―3オリックス

(6月18日 マツダ)
 広島が鈴木誠也外野手(21)の2試合連続サヨナラ本塁打で5連勝、貯金10とした。

 2点を追う9回、1死一、三塁で鈴木が左中間へ9号3ランを放ち、逆転サヨナラとなった。9回を投げた今村が2勝目をマークした。同じ選手が2試合連続でサヨナラ本塁打を放つのは2012年のバルディリス(オリックス)以来史上10人目。広島では1984年9月15、16日の巨人戦(広島市民)で長嶋清幸外野手が放って以来、32年ぶり2人目の快挙となった。

 オリックスは1点を追う7回、代打モレルの2点二塁打で逆転に成功。9回にも代打の武田に適時二塁打で試合を決めたかに見えたが、最後に平野がつかまった。

 鈴木は17日のオリックス戦でも4―4で迎えた延長12回無死二塁で左翼スタンドへサヨナラ2ランを放っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月18日のニュース