DeNA 今永「自分との勝負になってしまった 自分の力不足」

[ 2016年6月18日 16:05 ]

4回4失点降板のDeNA先発・今永

 DeNAのドラフト1位左腕・今永昇太投手が自身6連勝を目指して登板も、4回5安打4失点と試合を作れなかった。

 「自分のボールを投げようとしたが、自分との勝負になってしまった。自分の力不足。試合を作ることが出来ず申し訳ないです」

 初回には1死から藤田に四球を与えて出塁を許し、ウィーラーに高めの145キロ直球を中堅フェンス直撃の先制適時打とされた。3回にはドラフト1位対決となった先頭のオコエに初球の直球を捉えられてソロ本塁打を被弾。4回にも2点を失い、75球で降板した。

 今永は「僕は四球を与えてはいけない投手」と常々話すが、この日は立ち上がりから制球に苦しみワーストタイの与四球3。捕手の戸柱が話す「今永の調子のバロメーターは直球で空振りが取れるか」という視点でも、直球での空振りは1球も無かった。決して本調子ではない中、ルーキーバッテリーは2回からは変化球の割合を増やすなど試行錯誤をしたが、最後まで修正しきれなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月18日のニュース