オリ 痛恨サヨナラ負け 交流戦負け越し&パ6位転落

[ 2016年6月18日 05:30 ]

交流戦 オリックス4―6広島

(6月17日 マツダ)
 オリックスは痛恨のサヨナラ負けを喫した。

 延長12回、7番手の比嘉が鈴木にサヨナラ2ランを被弾。4点のリードがありながら、8回の佐藤達、9回の平野がそれぞれ2失点と勝利の方程式で追いつかれたことがショックを増す。それでも福良監督は「8回の2点は痛かった。でも勝ちパターンの2人なので責められない」とかばった。T―岡田の右前打などで黒田から3点を奪いながらも白星を逃し、2年連続で交流戦の負け越しも決定。さらに楽天にかわされて再び6位に転落した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年6月18日のニュース