西武・岸 復帰も3敗目 約2カ月ぶり6回3失点も援護なし

[ 2016年6月18日 05:30 ]

<ヤ・西>4回1死、西田に本塁打を打たれた岸

交流戦 西武1―5ヤクルト

(6月17日 神宮)
 西武のエース岸が、右内転筋痛から約2カ月ぶりの復帰戦を白星で飾ることはできなかった。

 6回117球を投げ7安打3失点で試合はつくったが、打線の援護に恵まれず今季3敗目を喫した。初回以外は毎回走者を背負い「無事投げられたけど、失点はもったいなかった」。08年6月から続いていたヤクルト戦の連勝は5で止まるも、最速147キロの直球を軸に7三振を奪った。チームは4連敗となったが、潮崎ヘッド兼投手コーチは「勝ってもおかしくない内容。主戦として戻ってきたことが大きい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月18日のニュース