ブレーブス フリーマンがサイクル安打達成、今季メジャーで初

[ 2016年6月16日 15:23 ]

ブレーブスのフレディ・フリーマン内野手 (AP)

ナ・リーグ ブレーブス9―8レッズ

(6月15日 アトランタ)
 ブレーブスのフレディ・フリーマン内野手(26)が、15日のレッズ戦で今季のメジャーリーグでは初となるサイクル安打を達成した。

 左打者のフリーマンはこの試合に「3番・一塁」で先発出場。3回の右翼線への二塁打を皮切りに、続く4回は右中間を割る三塁打。6回には6―6の同点に追いつくソロ本塁打を反対側のレフトスタンドに叩き込んだ。残りは単打。試合は延長戦となり、11回の第6打席、レッズの左腕、シングラーニが投じた外に逃げていくスライダーを見事に中前へと弾き返し、ファンの歓声を浴びた。

 ブレーブスのサイクル安打達成は、これで球団史上7人目。本拠地がミルウォーキーからアトランタに移転した1966年以降では3人目で、2008年8月14日のカブス戦でマーク・コトセイが記録して以来となる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年6月16日のニュース