青学大 逆転で復帰王手!吉沢岳、全力プレーでユニ着替え2ラン

[ 2016年6月15日 05:30 ]

<中大・青学大>8回2死二塁、岡野祐から借りた背番号18のユニホームを着て左越え2ランを放つ青学大・吉沢岳

東都大学野球1、2部入れ替え戦 青学大7―4中大

(6月14日 神宮)
 1回戦が行われ、青学大(2部1位)が吉沢岳志内野手(3年)の2ランを含む3安打3打点の活躍など、終盤の集中打で中大(1部6位)に7―4で逆転勝ち。4季ぶりの1部復帰に向け、先勝した。

 青学大が2点を追う7回だった。無死一塁から右前にエンドランを決めた背番号6の吉沢岳が、送球の間に二塁へ頭から滑り込む。猛烈なダイビングでユニホームの胸下が裂けた。着替えがないため、6回を投げた岡野祐の背番号18を借りた。この闘志が後続へとつながって見事な逆転。8回には18番のユニホームで左翼席へダメ押し2ラン。まさにラッキーボーイだった。「こんな経験初めてです。神宮のホームランも初めて。粘っていけば必ず逆転できると思っていました」と笑顔がはじけた。善波厚司監督も「我慢していけばチャンスを来ると信じていました」と選手への信頼を口にする。4季ぶりの1部へ、連勝で一気の昇格を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月15日のニュース