オリ金子 登録抹消へ…今季最短KO、福良監督は「らしくなかった」

[ 2016年6月9日 23:42 ]

<オ・中>4回2死、大島の左前適時打で5点目を奪われ、表情が冴えない金子

交流戦 オリックス3―8中日

(6月9日 京セラD)
 オリックスの金子はいいところがなかった。1回、ビシエドに逆球を先制弾とされると、その後も真ん中に球が集まった。今季最短の3回2/3で9安打を浴び6失点。自身3連敗で5敗目となった。「本当に見ての通り。いつも以上に低めに投げられなかった」と肩を落とした。

 福良監督は「らしくなかった。球威もコントロールも」と首をかしげ、一度出場選手登録から外すことを明言した。金子は「どこか迷いながら投げている。早く打者に集中できるコンディションをつくりたい」と話した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年6月9日のニュース