藤浪、右手に打球直撃 4回途中4失点で無念の緊急降板

[ 2016年6月9日 19:50 ]

<ロ・神>4回裏無死一塁、清田の打球を受ける藤浪

交流戦 阪神―ロッテ

(6月9日 QVCマリン)
 阪神の藤浪が右手に打球直撃を受け緊急降板した。

 前回登板の楽天戦(2日)は1安打完封とこれ以上ない投球を見せたものの、この日は初回いきなり3連打で2点先制を許すなど不安定な立ち上がり。2回も2点を失い4点先行される展開となった。

 4回に阪神も西岡の適時打などで2点反撃したが、アクシデントが起きたのはその裏だった。無死一塁の場面で清田が放った強烈なピッチャー返しが藤浪の右手付近を直撃。治療のためベンチ裏へ下がったが無念の降板となり、榎田が救援で登板した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年6月9日のニュース