マエケン 好投報われず4敗目 7回途中5安打1失点も援護なし

[ 2016年6月9日 14:24 ]

<ドジャース・ロッキーズ>ドジャースの先発・前田 (AP)

ナ・リーグ ドジャース0―1ロッキーズ

(6月8日 ロサンゼルス)
 ナ・リーグ西地区2位のドジャースは同地区3位のロッキーズに投手戦の末、0―1で敗れた。先発の前田は7回途中、5安打9奪三振1失点と好投を見せたが、打線の援護が得られずに4敗目を喫した。

 試合はドジャース・前田、ロッキーズ・ルーシン、両軍先発投手の投げ合いで6回までスコアボードに「0」が並ぶ展開。7回、前田は1死からパーラに左翼への二塁打を許すと、デスカルソに中前適時打を浴び、ついに失点。これが決勝点となった。

 ドジャース打線は球数97球という前田の力投に応えたかったが、7回以降もロッキーズ投手陣を攻めあぐね、4安打で今季3度目の完封負けを喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年6月9日のニュース