巨人、ベネズエラ出身左腕を獲得 四国IL徳島27歳ガブリエル

[ 2016年6月9日 12:47 ]

ジャイアンツ球場で入団会見に臨んだ巨人の新外国人左腕・ガブリエル

 巨人は9日、四国アイランドリーグplus・徳島に所属していたベネズエラ出身のガブリエル・ガルシア投手(27)と支配下契約を結んだと発表した。

 単年契約で年俸は900万円。登録名はガブリエルで、背番号は「28」に決まった。

 川崎市のジャイアンツ球場で会見した左腕は「最大のウリはコントロール。チームが優勝するために、持っているものを発揮したい」と話した。

 ガブリエルはアストロズ傘下でプレーし、米国独立リーグ、徳島を経て、3日から練習生として巨人の3軍練習に参加していた。

 会見に同席した堤辰佳GMは「1軍の投手陣がギリギリのところで戦っているなか、そのパーツに当てはまると考えている。1軍の先発ローテーションの一角を担ってほしい 」と期待した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年6月9日のニュース