ハム高梨 家族の前で先発初勝利「親孝行できたかな」

[ 2016年6月9日 05:30 ]

<日・広>6回途中2失点で先発初勝利を挙げた高梨

交流戦 日本ハム4―2広島

(6月8日 札幌D)
 3年目の日本ハム・高梨が6回途中まで2失点に抑え、初の先発勝利を挙げた。

 「先発として勝ちたかった。本当にうれしい」。懸命に振り、伸びのあるボールを次々と投げ込んだ。キャンプでは先発調整したが、手薄な救援を補うため開幕前に配置転換。新人の加藤が2日に打球を左すね外側に受けて離脱したことで巡ってきたチャンスで力投した。初めて札幌ドームに招待した家族の前での記念星に「親孝行できたかなと思う」と声を弾ませた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年6月9日のニュース