【石井一久の視点】巨人 由伸監督の我慢が生んだ“阿部効果”

[ 2016年6月9日 11:05 ]

<西・巨>2回無死一、二塁、村田の適時打で生還し、ベンチの祝福を受ける二走・阿部
Photo By スポニチ

交流戦 巨人7―5西武

(6月8日 西武プリンス)
 阿部の力強さと持ち前のバットコントロールが光った3安打だった。2回の先制中前打は初球を逃さず叩いた。3打席目の右中間二塁打は2ストライクと追い込まれながら、バットを柔軟に使って野手の間に落とした。阿部が5月末に復帰し、得点力は上がっている。

 一定の得点力を考える上で、調子の良い打者の間に入る選手のつなぎが重要だ。首位打者の坂本が3番、打率3割をキープする村田が7番に入る。高橋監督も基本的に村田の7番を動かしていないが、指揮官の我慢が、阿部の復帰でようやく意味が出てきたといえる。4~6番に入る阿部が今後も打線のキーとなる。

 チーム打率が12球団最下位で得点力不足が指摘される今季の巨人だが、対戦投手からすれば、神経を使う打者がそろう。直球とフォークボールのウイニングショットを持つ西武・高橋光に対し、ファーストストライクから積極的に叩いたように、打線全体で重圧もかけられれば、決して弱い打線とは思わない。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年6月9日のニュース