ヤク坂口 恩師の前で1000安打猛打賞「凄くうれしい」

[ 2016年6月9日 05:30 ]

<楽・ヤ>坂口(右)とつば九郎がガッツポーズ

交流戦 ヤクルト10―3楽天

(6月8日 コボスタ宮城)
 ヤクルトの坂口が初回に通算1000安打の右前打を放つなど今季6度目の猛打賞をマーク。

 節目の一打をオリックス時代の恩師だった楽天・米村外野守備走塁コーチの前で達成して「若いときからトレーニングや素振りにつきっきりで付き合ってくれた。恩師の前で達成できたのはうれしい」と声を弾ませた。オリックスから加入して攻守で不可欠な存在になっている。

 ▼ヤクルト・村中(救援登板で1回2/3無失点に抑え、今季2勝目)投手陣がふがいなかったので、何としても抑えたかった。

 ▼ヤクルト・ジェフン(移籍後初先発初出場も4打数無安打)気合が空回りした。力が入りすぎた。

 ▽坂口(ヤクルト)通算1000安打 8日の楽天2回戦(コボスタ宮城)で初回にリズから右前打を放ち達成。プロ野球283人目。初安打は近鉄時代の03年10月7日にオリックス戦でマック鈴木から。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月9日のニュース