楽天 タイブレーク?3押し出し リズと安楽の2軍落ち決定

[ 2016年6月9日 05:30 ]

<楽・ヤ>楽天先発のリズ(中央)は制球に苦しみ初回に2失点

交流戦 楽天3―10ヤクルト

(6月8日 コボスタ宮城)
 楽天は投手陣が9四球を与えるなど10失点で大敗。

 梨田監督は「ノーアウト満塁のタイブレーク方式だと思った。本当に面白くない試合」と嘆き、3つの押し出し四球については「(7月開催の)名古屋場所にはまだ早いんですけどね」と笑うしかなかった。2回0/3で4失点の先発・リズと6回途中から4番手で3回1/3を3失点の安楽は、試合後に2軍落ちが決定。6月に入りって投打で復調気配だったチームが、再び停滞ムードに陥りかねない敗戦だ。

 ▼楽天・オコエ(9回に2試合連続安打となる中前打)試合を通して内角を中心に攻められたけど、外寄りの球を打った。

 ▼楽天・リズ(2回0/3を4失点で3敗目)全ての球種でコントロールできなかった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年6月9日のニュース