“幕張のアニキ”関谷 高・大後輩高山斬り「あいつだけには…」

[ 2016年6月9日 05:30 ]

<ロ・神>5回2/3を2失点に抑え2勝目の関谷

交流戦 ロッテ8―3阪神

(6月8日 QVCマリン)
 クールな表情のロッテ・関谷だが内面は燃えていた。1―1の3回2死満塁。打席には日大三、明大と同じ道を歩んできた2学年下の高山がいた。

 「あいつだけには負けたくない」。最後は内角低めの直球。捕手のミットがほとんど動かないほど抜群の制球で見逃し三振を奪ってピンチを脱した。甲子園を制し、明大でも常に脚光を浴びてきた後輩には「格上じゃないけどずっと注目されて凄いところを通ってきた」と称えるが、プロの世界での初対戦は3打数無安打に抑え込んだ。

 5回2/3で113球を要し2失点と、毎回走者を背負いながらも粘った。青柳との新人対決も制し、2勝目。初めての本拠地のお立ち台では、顔が似ていると評判の阪神・金本監督になぞらえ「幕張のアニキ」と呼ばれ「それは恐れ多いので…」と冷や汗をかいたが、最後は「またお立ち台に上がれるように頑張ります」と声を張り上げた。 (町田 利衣)

 ▼ロッテ・鈴木(3安打4打点)そろそろ得点圏で打たないと(得点圏)打率がなくなってしまうので、今日は少し期待に応えられたかなと思う。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年6月9日のニュース