巨人・杉内 今週末にも術後初ブルペン入りへ「ここまでは順調」

[ 2016年6月9日 05:30 ]

 昨年10月に右股関節の形成手術を受けた巨人・杉内が、従来のブルペンより傾斜が緩いリハビリ用のマウンドから3度目の投げ込みを行った。

 相手を立たせたままながら力強い球を投げ「ここまでは順調。今日は前よりも力を入れて投げることができた」。順調なら、今週末に術後初めてブルペン入りする見込み。また右肩痛のマイコラスはブルペンで42球。11日の阪神とのファーム交流試合(甲子園)で、2度目の実戦マウンドに上がるもようだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年6月9日のニュース