ソフトB 内川、長谷川が連続弾 快勝に貢献

[ 2016年6月7日 22:42 ]

交流戦 ソフトバンク6―3DeNA

(6月7日 ヤフオクD)
 ソフトバンクの4番内川と5番長谷川が6回に2者連続で本塁打を放った。1―0の無死一塁で内川がモスコーソの変化球を左翼ホームランテラスに運び、続く長谷川が逆方向に打って再び左翼テラスに突き刺した。

 3日の広島戦では3回に黒田から3番柳田、4番内川、5番松田が3者連続本塁打をマークし、主軸の一発が目立つ。内川は「進塁打と思っていたところで甘い球をきっちり打てた」と満足そうに話し、長谷川は「入ると思わなかったから入って良かった」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月7日のニュース