阪神・原口「こういう日を目標にやってきた」初MVPに笑顔

[ 2016年6月7日 13:36 ]

原口は5月月間MVPを獲得し笑顔でガッツポーズ

 阪神の原口文仁捕手(24)が7日、5月度の月間MVPを獲得した。育成枠の経験がある野手では史上初の快挙で、チームの野手では10年8月の鳥谷以来となった。

 会見した原口は「嬉しいの一言です。鳴尾浜で6年、こういう日を目標にやってきたので、よかったです。1軍で厳しい環境で野球ができることに幸せを感じています。毎日、責任を持って試合に出て、頑張りたいと思います」と決意を新たにした。

 原口は5月の24試合に出場し、打率・380、5本塁打、17打点をマーク。5番に座るなど打線を牽引するとともに、捕手としても強気のリードで投手陣を支えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月7日のニュース