福井工大2年谷崎 11K完投 高校時代は控えも球速大幅アップ

[ 2016年6月7日 05:30 ]

<愛媛大・福井工大>帽子を飛ばし力投する福井工大・谷崎

第65回全日本大学野球選手権第1日・1回戦 福井工大4―1愛媛大

(6月6日 東京ドーム)
 今春の北陸大学リーグ戦で登板7試合に全勝した2年生の148キロ右腕、福井工大・谷崎が、1失点の11奪三振完投で2年ぶりの初戦突破に導いた。

 3回に1点を許したが「先頭打者を抑える」と切り替え、追加点を許さなかった。福井工大福井時代は控え投手。大学入学後の体づくりの効果で球速が10キロ以上アップしたという。次戦は強豪の上武大と対戦。下野博樹監督は「簡単には勝たせてもらえないと思う」と気を引き締めていた。

 ▼愛媛大・田中(今大会出場校唯一の国立大でプロも注目した投手。6回3失点で降板し号泣)直球の制球がアバウトすぎた。卒業後は社会人で足りないところを磨きたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月7日のニュース