広島経大・尾仲 14K8回零封も…初戦敗退「目指すところはプロ」

[ 2016年6月7日 05:30 ]

<九州国際大・広島経済大>力投する広島経済大先発・尾仲

第65回全日本大学野球選手権第1日・1回戦 広島経大1―2九州国際大

(6月6日 神宮)
 今秋ドラフト候補の150キロ右腕、広島経大・尾仲が毎回の14奪三振で8回無失点と力投したが、14年に続いてタイブレークで敗れた。

 最速は149キロを計測。2種類のスライダーが効果的で三振の山を築いた。福岡・高稜出身で3年春から投手に転向。3年間は全て初戦で敗れる無名校ながら、大学では1年春から登板し、通算20勝を誇る。「目指すところはプロ」と先を見据えた。

 ▼九州国際大・宮崎(延長10回、逆転サヨナラの2点二塁打)それまでの打席は体が開いていると監督に言われた。変化球を引っ張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月7日のニュース