巨人・大田 大谷から先頭打者弾も…お返し2三振「やられました」

[ 2016年6月6日 05:30 ]

<巨・日>初回無死、大谷から先頭打者本塁打を放つ大田

交流戦 巨人2―6日本ハム

(6月5日 東京D)
 3試合連続「1番・左翼」で出場した巨人・大田が、自身初の先頭打者本塁打を放った。

 初回、大谷との初対戦で内角の141キロ直球を引っ張り、左翼ポール際へ3号ソロ。「直球が速いイメージだったので、(バットを)指1本短く持ってコンパクトなスイングを心掛けた」と振り返った。ただ、その後は2打席連続空振り三振を喫し「やられました。スピードも腕の振りも凄い投手だと思った」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月6日のニュース