イチ打って守って日米700盗塁「僕はどれもできなきゃいけない」

[ 2016年6月4日 05:30 ]

<マーリンズ・パイレーツ>7回、日米通算700盗塁となる二盗を決めるマーリンズのイチロー

ナ・リーグ マーリンズ4―3パイレーツ

(6月2日 マイアミ)
 また一つ歴史に名を刻んだ。マーリンズのイチロー外野手(42)は2日(日本時間3日)、パイレーツ戦に「1番・中堅」で出場し、7回に二盗を決めて日米通算700盗塁(日本199、メジャー501)に到達した。守りでも好プレーを連発し、打っては2安打1四球。走攻守での活躍で延長12回サヨナラ勝ちに貢献した。メジャー通算2965安打、日米通算で4243安打とし、安打記録へも着実に上積みした。

 1点差に迫られた7回1死一塁。パイレーツの捕手は正確な送球に定評があるスチュワート。日頃から「むちゃな盗塁はしない」とポリシーを語るイチローがスタートを切った。悠々セーフ。貫禄を見せつけたが、日米通算700盗塁の感想を求められると「足し算くらいできますから。(スチュワートとの勝負は)いや別に。(家に)帰りたい」と笑い飛ばした。

 走攻守。イチローらしさ全開だった。まずは守備。2回2死満塁のピンチで、浅い飛球をスタートよく前進しスライディングキャッチ。最初は「私から説明することはないです」とはぐらかしたが「(余裕は)ないです、ないです。全然ない。もう行くという選択肢しかないです」とぎりぎりのプレーだったことを明かした。さらに4回。韓国人スラッガー姜正浩(カン・ジョンホ)の大飛球を一直線に背走して、最後はフェンスを恐れずジャンピングキャッチした。

 打っては3回に94マイル(約151キロ)の直球を遊撃後方に落とし、4回には88マイル(約142キロ)の高速スライダーを捉え左中間二塁打を放った。日米通算4243安打で、ピート・ローズの歴代最多安打まで残り13本。メジャー通算は2965安打で、節目の3000安打には残り35本とした。今後も休養を挟みながらのイチローの先発起用を示唆するドン・マッティングリー監督は「典型的なイチローの姿。グッドナイトだ」と三拍子そろった活躍を絶賛した。

 走攻守で一番気持ち良かったプレーはと問われて、イチローは真顔でこう返した。「僕はどれもできなきゃいけない選手だから。どれも気持ちいいですよ。どれかできない選手がそれをやった時は特別になると思いますがね。僕は全部やりますから」。数々の大記録は通過点にすぎない。衰えを知らない42歳は、その先を見据える。(笹田 幸嗣通信員)

 ▼マリナーズ・青木(イチローの日米通算700盗塁に)果てしない、考えられないような数字です。イチローさんを見ていると、やっていることが凄すぎる。負けないぐらい頑張りたい。

 ≪過去9人≫大リーグ機構公認の米記録会社エライアスによると、通算700盗塁は1406個のリッキー・ヘンダーソンを筆頭に過去9人。一方、大リーグ機構の関連会社が運営する公式サイト「MLB・com」では10人とされている。日本プロ野球での700超えは最多記録1065個の福本豊しかいない。また、安打記録でもサム・クロフォードがエライアスでは2963本、「MLB・com」では2961本と見解が分かれているが、この日の1本目の安打によりイチローがいずれをも上回り単独31位となった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年6月4日のニュース