西武 星が右有鉤骨除去手術、復帰まで1~2カ月

[ 2016年5月30日 19:20 ]

 西武は、星孝典捕手(34)が30日に都内の病院で右有鉤(ゆうこう)骨除去手術を受けたと発表した。手術は無事に成功し、31日に退院する予定。復帰までには約1~2カ月を要する見込みという。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年5月30日のニュース