ロッテ 今季初同一カード3連敗 西野1年ぶり被弾で猛省2敗目

[ 2016年5月30日 05:30 ]

<ロ・ソ>9回無死一塁から松田に2ランを浴びた西野

パ・リーグ ロッテ4―6ソフトバンク

(5月29日 QVCマリン)
 ロッテは今季初の同一カード3連敗を喫した。

 4―4の9回無死一塁から守護神・西野が松田に決勝2ランを被弾。昨年5月5日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)以来、約1年ぶりに本塁打を浴び2敗目を喫した右腕は「浮いたスライダー。一番危ない球。走者を警戒しながらでも投げちゃいけない球だった」と反省した。さらに、2死から牧原バント処理の際に転倒し、左肘の違和感を訴え降板。30日に検査を受ける予定だが「(左肘は)大丈夫だと思う」と話していた。

 ▼ロッテ・井口(7回に自身初の代打アーチ。41歳5カ月での代打本塁打は、球団では43歳1カ月の野村克也に次ぐ年長記録)追い込まれていたけどね。強い気持ちで、それだけ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年5月30日のニュース