元楽天ゴームズが現役引退へ メジャー通算162本塁打も日本では…

[ 2016年5月26日 09:36 ]

ジョニー・ゴームズ

 NBCスポーツなど米国の複数メディアは25日、メジャー13年間で通算162本塁打を記録したジョニー・ゴームズ内野手(35)が現役引退を決意したと報じた。

 ゴームズは2001年のドラフトでデビルレイズ(現レイズ)から18巡目(全体529位)での指名を受け、03年にメジャーデビュー。その後、7球団を渡り歩き、13年のレッドソックス時代には116試合に出場して打率2割4分7厘、13本塁打、52打点という活躍でチームのワールドシリーズ制覇に貢献した。

 強打を買われて今季からは楽天でプレー。しかし、18試合に出場して打率1割6分9厘、1本塁打、7打点と不振にあえぎ、4月22日に出場選手登録を抹消されると、「家族の事情」という理由で米国に帰国。その後に本人からの希望で退団となり、球団もこれを了承した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年5月26日のニュース