同僚エースが絶賛「イチローは神だ」敵将も「歴史上屈指」

[ 2016年5月23日 05:30 ]

ナショナルズ戦の5回、同点の生還をし、ベンチで迎えられるマーリンズのイチロー(中央)

ナ・リーグ マーリンズ3―2ナショナルズ

(5月21日 マイアミ)
 マーリンズ先発で6回を1失点に抑え、6勝目を挙げたエース右腕・フェルナンデスは「俺にとってイチローは神だ。練習への取り組み方は尊敬するし、このチームにもたらしてくれたものは素晴らしい」と絶賛した。

 さらには敵将からも賛辞を贈られた。ナショナルズのダスティ・ベーカー監督は「メジャーの歴史上でも屈指の選手だ」と称賛。ベーカー監督はジャイアンツの監督を務めていた1996年に日米野球で来日。米国代表を率いて当時オリックスだったイチローのプレーを目の当たりにした。「きっと米国でもよく打つと思った」と当時を振り返りながら話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2016年5月23日のニュース