中日 田島、プロ野球記録の開幕27試合連続無失点「緊張しました」

[ 2016年5月21日 17:51 ]

<中・巨>9回2死、新守護神の田島は亀井を一塁ゴロにしとめ開幕からの無失点記録を27試合に伸ばしガッツポーズ
Photo By スポニチ

セ・リーグ 中日6―4巨人

(5月21日 ナゴヤD)
 中日の田島慎二投手(26)が21日、ナゴヤドームで行われた巨人8回戦の9回から登板。1回を無安打無失点に抑え、プロ野球新記録となる開幕27試合連続無失点を達成した。これまでの記録は2012年に岡島(ソフトバンク)が達成した26試合。

 田島は2点リードの9回にマウンドに上がり、先頭の立岡を三ゴロ、2人目の大田を三振、3人目の代打・亀井を一ゴロで打ち取り、13球で抑え、今季初セーブで新記録を飾った。

 新守護神となった田島は試合後「きょうは緊張しました」と、新たな役割に重圧を感じつつも「1点は取られても勝って終わりたいという気持ちだった」と自身の投球を振り返った。3人斬りの圧巻投球に「目の前の1勝を大切にして、いけるとこまで続けたい」と、記録継続への意気込みも見せていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年5月21日のニュース