PR:

佐々木氏、盟友助けるため出廷即決 更生願い「2回目はないと強く思う」

清原被告(右)の初公判で情状証人として出廷した佐々木氏
Photo By スポニチ

 覚せい剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手の清原和博被告(48)の初公判が17日、東京地裁(吉戒純一裁判官)で開かれ、弁護側の情状証人として野球評論家の佐々木主浩氏(48)が出廷。「今後、僕に嘘をつかないことを信じる」と清原被告の更生を願い、さらにそのサポートを約束した。

 今回の情状証人の依頼を受け、出廷することを即決したという佐々木氏。電話で依頼され、受け入れた理由として「親友のために役に立ちたい。助けてあげたかった」と述べた。

 清原被告の覚せい剤使用については「知らなかった」と証言。薬物疑惑が報じられた際に佐々木氏が「本当にやっていないのか」と問いただしたことにも触れ「“やっていない”と言われた」と当時のやりとりを披露した。一度は裏切られた格好の佐々木氏に対して検察側から「2回目もあったらどうするか」と尋問されたが「2回目はないと強く思いたい」。続けて、盟友に呼びかけるように「今後は僕に嘘をつかないと信じる」ときっぱりと言い切った。
 
 清原被告とは同学年。東北高時代に3季連続で出場した甲子園で知り合い、プロ入り後も「ライバルで親友」と呼び合った。14年3月に清原被告に薬物使用疑惑が持ち上がった後も、同12月の自身の野球殿堂入りパーティーに招待した。それだけに清原被告が2月に逮捕された際は、「ぶん殴ってやりたい。裏切られた気持ちで悲しい」と話していた。

[ 2016年5月17日 14:59 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月22日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム