選手会 来季開幕の“後ろ倒し”要望「WBCを優先」

[ 2016年5月17日 05:30 ]

 日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が16日、東京都内で行われ、選手会側が第4回WBCが開かれる来年のレギュラーシーズン開幕日について、4月以降とすることを要望した。

 選手会の森忠仁事務局長は「(NPB側から)3月31日が妥当ではないかということを言われていましたが、選手全体の総意としてWBCを優先しようと。WBCを心おきなく戦ってもらい、帰ってきてもシーズンに向かっての調整(期間)をしっかり取ってもらいたい」と説明した。

 13年の前回大会では、米国で3月19日(日本時間20日)に決勝が行われ、プロ野球は同29日に開幕した。選手会側としては4月の4日か7日開幕を念頭に起き、NPBと調整を進める。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年5月17日のニュース