クラーク怒られた?オリ正式発表前にツイッターで“フライング”

[ 2016年5月16日 05:30 ]

オリックスが獲得することが分かった元中日のクラーク

 オリックスが獲得秒読みとなっている元中日のマット・クラーク内野手(29)に対して“厳重注意”を出していた!?

 この数日間、クラークは短文投稿サイト「ツイッター」内で契約に触れる書き込みを繰り返していて、15日までに一連の投稿は削除された。球団幹部は「正式に注意をしたわけではないが、担当部署が言ったのだろう。メディカルチェックを終えたとはいえ、まだビザ発給などは終わっていないわけだし」と明かし、正式発表前の“フライング”を戒めた模様だ。

 問題のツイッター内では「ORIX」と題して「メディカルチェックをパスした」、「日本に帰ってこられてうれしい」、「日曜日に会いましょう!」など交渉過程を思わせる投稿が多数あった。一部日本語によるファンへの呼びかけも話題となり、発表や会見があるのでは?という臆測も呼んでいた。関係者によると事実と異なる記載もあったという。今回の件で交渉が破談になることはない一方、いまだ球団からの獲得発表はない。騒がせた分はバットで返してほしいものだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月16日のニュース