ドジャース キューバ人内野手に残り試合すべての出場停止処分

[ 2016年5月5日 10:30 ]

ドジャースのエリスベル・アルエバルエナ内野手 (AP)

 ドジャースは4日、傘下2Aタルサに所属するエリスベル・アルエバルエナ内野手(26)に対し、今季の残り試合すべての出場停止処分を科した。元巨人で現在はド軍の育成担当を務めるゲーブ・キャプラー氏によると、度重なる契約違反があったためとされている。詳しい内容は明らかにされていない。

 アルエバルエナは昨年の5月にも同様の理由で残り試合すべての出場停止処分をチームから言い渡されているが、異議申し立てを行い、大リーグ機構によって処分が30試合に軽減されている。

 キューバ出身で、同国代表の正遊撃手として2013年のWBCにも出場。14年2月に5年総額2500万ドル(約26億7000万円)でドジャースと契約した逸材だが、再びチームから重い処分を科されてしまった。

 なお、大リーグでのデビューはすでに果たしており、14年に22試合に出場して打率1割9分5厘、4打点という数字を残している。2年連続でチームと問題を起こしたトラブルメーカーが、再び最高峰の舞台でプレーする日が来るだろうか。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年5月5日のニュース