西武 2投手が1軍デビュー 新人南川、4年目佐藤が1回零封

[ 2016年4月26日 22:47 ]

<西・ロ>プロ初登板で1回無失点の西武2番手・南川

パ・リーグ 西武2―5ロッテ

(4月26日 西武プリンスD)
 西武の4年目左腕佐藤とドラフト5位ルーキー南川がそろってロッテ戦で1軍デビューを果たした。

 南川が8回を3者凡退、9回は1安打1四球を許したものの無失点に抑えた。南川は「とても緊張した。2軍とは雰囲気が違った。よく眠れそうです」と充実した表情を見せた。佐藤は「ブルペンの方が緊張した。試合ではいつものように投げられた。まずはプロ第一歩を踏み出せてよかった」と笑顔。

 試合には敗れたが潮崎ヘッド兼投手コーチは「若人2人は良かったね。思ったよりも堂々としていた。1軍の雰囲気を知っただけでも良かった。合格点でしょう」と評価した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年4月26日のニュース