エルドレッド、鈴木、堂林3者連発!広島では11年ぶり

[ 2016年4月26日 18:55 ]

<ヤ・広>2回無死、エルドレッドが中堅にソロアーチを放ち、ナインに迎えられる

セ・リーグ 広島―ヤクルト

(4月26日 神宮)
 広島が2回、エルドレッド、鈴木、堂林の3連続本塁打で3点を先制した。

 2回に先頭の5番・エルドレッドがヤクルト先発・成瀬からバックスクリーンへの7号ソロで先制すると、鈴木も左翼へ1号、堂林もバックスクリーンへ2号ソロを叩き込んだ。

 広島の3者連続本塁打は2005年9月2日、巨人戦で嶋、新井、前田のクリーンアップが放って以来11年ぶりの快挙。

 新井が2000本安打達成に王手をかけて臨んだ一戦、駆け付けた広島ファンの前で、いきなり大きな花火3発。新井も3回に左翼線へタイムリー二塁打を放ち快挙を達成した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年4月26日のニュース