まさかこんな…DeNA 守乱で3連勝逃す 今季5度目零敗

[ 2016年4月25日 05:30 ]

<巨・D>6回無死二塁、小林誠の打球をロペスが悪送球し倉本は捕球できず

セ・リーグ DeNA0―3巨人

(4月24日 東京D)
 DeNAは守備のミスが響き、今季初の3連勝はならなかった。

 0―1の6回無死二塁。巨人・小林誠のバントを一塁手のロペスが三塁へ悪送球し、ボールは観客席に。ボールデッドとなり本塁生還を許した。この回は山口もバント処理で三塁へ悪送球し、2つの失策が絡み2失点。ラミレス監督は「最近は守備が良かったが、まさかこんなプレーが起こるとは。それが負けにつながった」と渋い表情を浮かべた。打線は7安打放つも今季5度目の零敗を喫した。

 ▼DeNA・ザガースキー(8回に移籍後初登板。1イニングを無失点)とても感触は良かったよ。ゲームで投げられるのはうれしい。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年4月25日のニュース