西武・岸 右内転筋痛で降板…抹消 長引く前に完治を

[ 2016年4月25日 05:30 ]

<西・楽>3回途中に右内転筋を痛め降板する岸(中央)

パ・リーグ 西武7―6楽天

(4月24日 西武プリンス)
 自身初の中4日で先発した西武・岸が、3回途中に右内転筋を痛め降板した。

 先頭の島内に5球目を投じたところで痛みが走り「その前の球で(痛みが)来た」と自らベンチに下がりアイシング治療を受けた。25日に検査を受けるが、出場選手登録を抹消されることが決定。2勝を挙げているエースの離脱に、潮崎ヘッド兼投手コーチは「内転筋は再発したら時間がかかる。(チームには)計り知れない痛手」と渋い表情だった。

 ▼西武・小石(2番手で緊急登板し3回2/3を2安打4奪三振1失点)ブルペンでは投げていなかった。テンポ良く投げることを心掛けた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年4月25日のニュース