ヤクルト大引が1軍合流 腰痛から復帰「もう問題ない」

[ 2016年4月22日 06:49 ]

 腰痛で戦線離脱していたヤクルト・大引が1軍に合流。阪神戦が雨天中止になると、倉敷の室内練習場でフリー打撃を行うなど汗を流し、「(腰は)もう問題ない。しっかりバットを振り込んで、いい時間を頂いた」と明るい表情を見せた。

 今季は開幕4試合で10打数5安打と打撃好調だったが、3月30日の阪神戦(神宮)で走塁中にぎっくり腰の症状が出て離脱した。遊撃の穴を埋めた谷内が、打率・500と好調の中で死球を受けて左尺骨を骨折。21日に登録抹消された。大引は「チームが勝つために自分の役割をするだけ」と誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年4月22日のニュース