黒田、打球が右足直撃し交代 自身初の開幕3連勝お預け

[ 2016年4月9日 15:16 ]

阪神戦に先発した広島・黒田

 広島・黒田は9日、自身初となる開幕3連勝を狙い阪神戦に登板したが、4回に江越に先制2ランを被弾。直後にゴメスの打球が右足に直撃し、この回限りで降板した。

 前回登板で日本復帰以来初となる完封勝利を挙げた黒田は、3回までパーフェクト投球。しかし、4回に先頭の高山に初安打を許すと、続く江越に甘く入った変化球をバックスクリーンに運ばれた。

 続くヘイグ、福留を打ち取った後、ゴメスの強烈な打球が右足を直撃。ゴメスは内野ゴロとなったが、黒田は苦悶の表情を浮かべながらマウンドを降りた。

 黒田は5回に代打を送られ、降板。自身初の開幕3連勝はお預けとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月9日のニュース